ポストする October 17, 2016


ゴミ屋敷 清掃 小鹿野町営バス時刻表

探している "ゴミ屋敷 清掃 小鹿野町営バス時刻表"?

記事 ゴミ屋敷 清掃 小鹿野町営バス時刻表

どのような記事何についてGoogleで見つけることができます ゴミ屋敷 清掃 小鹿野町営バス時刻表:

記事 #1

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2012年1月)
西武秩父駅
駅舎(2006年11月)
せいぶちちぶ - Seibu-Chichibu
◄SI35 横瀬 (2.6km)
所在地 埼玉県秩父市野坂町一丁目16-15 北緯35度59分23.78秒 東経139度5分0.5秒 / 北緯35.9899389度 東経139.083472度 / 35.9899389; 139.083472
駅番号 SI 36
所属事業者 西武鉄道
所属路線 西武秩父線
キロ程 19.0km(吾野起点)
池袋から76.8km
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗降人員
-統計年度-
6,691[1]人/日
-2011年-
開業年月日 1969年(昭和44年)10月14日
乗換 秩父鉄道秩父本線(御花畑駅)
テンプレートを表示

西武秩父駅SI36西武駅

歴史[編集]

  • 1969年(昭和44年)10月14日 - 埼玉県立秩父農工高等学校(現・埼玉県立秩父農工科学高等学校)跡地に開業。
  • 秩父駅と隣接して駅を建設する構想もあったが、秩父農工高等学校を移転させることにより広大な敷地が確保できることなどから、現在地に駅を設置することになった。また、秩父鉄道側の強い反対もあったとされる。(対都心輸送の競合となる為)
  • 1989年(平成元年) - 秩父鉄道との直通運転開始。構造上、三峰口方面のみの発着となる。長瀞方面は通過。
  • 1994年(平成6年) - すべてのホームでブザーに代わり発車メロディーを導入。
  • 2000年(平成12年) - 関東の駅百選に選定。
  • この他旅客サービスの一環として、駅舎は建て替えないまま、エスカレーターとエレベーター導入・車椅子トイレ設置・一般トイレの一部洋式便座への改修・冷暖房完備の待合室(改札内)・ご案内カウンター・券売機売場改修・幕式発車案内表示機新設(後にLED式へ交換)・ホームの嵩上げ工事・滑り止めの設置などを実施している。
  • 2014年(平成26年) - 改札口に視覚障害者用の誘導チャイム、路線バスの発車案内(LED式電光掲示板)が設置された。
  • 2015年(平成27年)
  • 7月 - 西武鉄道と西武レクリエーションは当駅の駅舎を改築し、駅構内の西武秩父仲見世通りに物販や飲食店を備えた複合型温泉施設を整備すると発表した。
  • 8月 - 構内にて温泉掘削工事開始。
  • 2016年(平成28年)5月28日 - 秩父鉄道のSLパレオエクスプレスが初入線し、当駅発三峰口駅行の臨時SL列車が運行された[6]。

駅構造[編集]

のりば[編集]

ホーム 路線 行先 備考
1 西武秩父線 飯能・所沢・池袋方面 特急「ちちぶ」専用ホーム
2・3 一般種別用ホーム
■秩父鉄道秩父本線 影森・三峰口方面 飯能方面からの直通のみ
  • 秩父鉄道秩父本線との連絡線が横瀬寄りにあり、直通列車が行き来する。渡り線はダブルスリップになっている。横瀬方面と長瀞(上記配線図では秩父)方面とを行き来する列車は当駅ホームに入線せず、直接横瀬駅と御花畑駅を結んで運転する。一方、三峰口(上記配線図では影森)方面とを行き来する列車は、一度当駅ホームに停車して客扱いを行ってから、スイッチバックして双方の路線を直通する。このため、長瀞方面・三峰口方面の併結列車は、当駅ではなく手前の横瀬駅で分割・併合作業を行う。
  • 直通列車の運賃計算にあたっては、当駅と御花畑駅は同一駅として扱われている。例えば、三峰口行列車に当駅から乗車した場合は、御花畑駅から全区間秩父鉄道に乗車したものとして運賃を計算する。また、長瀞発列車に御花畑駅から乗車した場合は、当駅から全区間西武鉄道に乗車したものとして運賃を計算する。なお、秩父鉄道はSuica・PASMO非対応のため、西武鉄道から秩父鉄道直通列車に乗車する場合はあらかじめ乗車駅で乗車券を購入する必要がある。そのままSuica・PASMOで西武鉄道から秩父鉄道へ乗り継いだ場合は、下車駅で乗車駅からの運賃を全額現金で精算した上で[8]、次回乗車時に導入鉄道事業者の乗車駅で処理を受ける形となる。また、御花畑駅から直接西武鉄道方面に乗車する場合も乗車券を現金で購入することになる。
  • 当駅は西武秩父線の終着駅であり、直通列車の長瀞方面行は駅の手前で分岐して秩父鉄道秩父本線に入線(御花畑駅構内につながる)しているにもかかわらず、改札と2・3番ホームは跨線橋で連絡する形をとっている。これは、西武秩父駅を建設した当初、小鹿野を経て長野県の軽井沢まで延伸する構想があったためであるが、その構想は実現していない。
  • 2・3番ホームの有効長は10両編成分であるが、定期列車では最大8両編成しか入線しない。2013年5月1日の深夜から2日の未明にかけて、東急5050系4102編成(10両編成)が試運転として当駅に入線した[9]。2017年春を目途に、土曜・休日ダイヤに限り、当駅から副都心線を経て、元町・中華街駅までの座席指定制直通列車が運転される[10]。車両は当社の40000系電車を使用。
  • 西武秩父駅では、1番ホームと2番ホームの間に留置線が2本あるが、定期列車では使用されず、夜間停泊等の留置はすべて横瀬駅まで回送される。

駅構内商業施設[編集]

  • 西武秩父仲見世通り - 1991年4月23日に開業した西武鉄道直営の商業施設で、飲食店や売店のほか、日本酒や蕎麦など、秩父地方の名産品を販売する店舗が一通り揃っている。出店店舗の詳細は公式サイト「西武秩父仲見世通りマップ」を参照。
  • 西武鉄道と西武レクリエーションは2015年7月、駅舎を改築し、駅構内にある西武秩父仲見世通りを一部解体、リニューアルし、駅構内に物販や飲食店を備えた複合型温泉施設を整備すると発表した[11]。秩父夜祭をはじめとする秩父地域において年間300以上開催されている祭をテーマに据え、施設全体に祭をコンセプトにした意匠を施し、秩父観光と秩父温泉ブランドの向上を目指すという。2015年8月より温泉掘削工事に着手、2016年4月から西武秩父仲見世通りの解体と新築部分の工事を始め、同年夏には既存の全店舗を閉鎖する。2017年春に完成、開業の予定。新施設は温泉、飲食・イベント、物販の3エリアに分けて整備する。新築部分と西武秩父仲見世通りをリニューアルする部分で構成、全体の敷地面積は約6363平方m、延床面積は約3983平方m。地上1・2階の温泉エリア(約2170平方m)には源泉かけ流し湯や岩風呂などを設け、露天風呂や内湯、岩盤浴、休憩スペースなど配置する。休憩スペースは大部屋タイプと翌朝まで仮眠ができる個室を設置。また地上1階に飲食・イベントエリア(約736平方m)と物販エリア(約466平方m)も設置する。総事業費は24億5000万円。合わせて駅前広場の整備が行われる。

利用状況[編集]

  • 2005年度:8,065人[12](西武鉄道全92駅中69位[13])
  • 2006年度:7,879人[12](西武鉄道全92駅中71位[14])
  • 2007年度:7,558人[1](西武鉄道全92駅中72位[15])
  • 2008年度:7,570人[1](西武鉄道全92駅中73位[16])
  • 2009年度:7,194人[1](西武鉄道全92駅中73位[17])
  • 2010年度:6,919人[1](西武鉄道全92駅中73位[18])
  • 2011年度:6,691人[1](西武鉄道全92駅中75位[19])
  • 2012年度:6,655人
  • 2013年度:6,814人
  • 2014年度:6,944人(西武鉄道全92駅中75位)
  • 2015年度:7,043人[20]

上記のように秩父鉄道への直通列車も設定されているが、その本数は少ないので、御花畑駅まで徒歩で乗り換える場合が多い。

駅周辺[編集]

  • 御花畑駅(秩父鉄道秩父本線)
  • 秩父市役所・秩父市歴史文化伝承館
  • 秩父市中央公民館
  • 秩父市勤労青少年ホーム
  • 秩父市秩父宮記念市民会館(休館中)
  • 秩父市立秩父図書館
  • 秩父市福祉女性会館
  • 埼玉県庁 秩父地方庁舎
  • 埼玉県秩父農林振興センター
  • さいたま地方裁判所秩父支部・さいたま家庭裁判所秩父支部・秩父簡易裁判所
  • 秩父税務署
  • 秩父野坂郵便局
  • 矢尾百貨店 秩父店
  • ホテルルートイン秩父
  • キヤノン電子本社
  • 国道140号
  • 埼玉県道232号西武秩父停車場線

観光[編集]

  • 秩父神社 - 徒歩15分
  • 秩父まつり会館 - 徒歩15分
  • 秩父三十四箇所 - 西国三十三所、坂東三十三箇所と併せて日本百観音と呼ばれる。
  • ちちぶ銘仙館(国の登録有形文化財) - 徒歩5分
  • 秩父ふるさと館(国の登録有形文化財) - 徒歩15分
  • 羊山公園(芝桜の丘で知られる) - 徒歩15分

バス路線[編集]

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行事業者 備考
西武秩父駅 1 小鹿野線 秩父駅・市立病院・泉田・小鹿野車庫 栗尾 西武観光バス
秩父駅・相生町・泉田・小鹿野車庫
2 三沢線 秩父駅・山田・栃谷・中三沢 皆野駅
定峰線 秩父駅・山田・栃谷・定峰 定峰峠入口 土曜・休日は全便定峰止まり
3 市内線 秩父駅・影森小学校・浦山常盤橋 花見の里
久那線 秩父駅・影森小学校・浦山常盤橋・久那 西武秩父駅
佐久良橋・久那・浦山常盤橋・影森小学校
秩父吉田線 秩父駅・札所二十一番・下寺尾・吉田総合支所 吉田元気村
秩父駅・市立病院・下寺尾・吉田総合支所
正丸線 秩父駅・根古屋・芦ヶ久保駅・長渕 松枝
4 西武秩父駅線 長若番場・小鹿野町役場・両神庁舎前 両神温泉薬師の湯 小鹿野町営バス
5 ミューズパーク循環 影森中学校・ミューズパーク中央・音楽寺 西武秩父駅 西武観光バス
秩父駅・音楽寺・ミューズパーク中央
6 原谷線 秩父駅・相生町・大野原駅前 和銅黒谷駅
中津川線 三峰口駅・大滝温泉遊湯館・川又 中津川 当駅からは土曜・休日1回のみ
急行(三峯神社線) 三峰口駅・大滝温泉遊湯館・秩父湖 三峯神社
西武秩父駅入口   浦山線 影森中学校前・浦山ダム 浦山大日堂 秩父市営バス
  秩父駅前

付記[編集]

  • 自動券売機コーナーなど、小規模で改装工事は行っているものの、山小屋風の駅舎自体は1969年10月14日の開業当初から使用しているものである。
  • 2009年10月4日に開催された「西武トレインフェスティバル2009 in 横瀬」では、横瀬車両基地を第1会場、当駅を第2会場とした。当駅ではE31形電気機関車が展示されていた。また、2010年3月28日に実施された同形のさよなら運転では、当駅での展示を目的として横瀬駅 - 当駅間で実施されている。
  • 2011年に放送されたテレビアニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』に当駅が登場している。
  • 西武鉄道のみならず、関東地方の大手私鉄全体でも最西端の駅である。

隣の駅[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

ウィキメディア・コモンズには、西武秩父駅に関連するカテゴリがあります。
  • 日本の鉄道駅一覧
  • 軽井沢駅
  • 埼玉県立秩父農工科学高等学校 - 秩父市大野原に移転する前(移転当時の名称は秩父農工高等学校)は当駅所在地にあった。記念碑のほか、学校のシンボルだったラクウショウ(落羽松)が今に残っている。
  • 御花畑駅

外部リンク[編集]

  • 西武鉄道 西武秩父駅
  西武鉄道 池袋線・西武秩父線
  • 関東の駅百選

    Source: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E6%AD%A6%E7%A7%A9%E7%88%B6%E9%A7%85



    記事 #2

    おがのまち
    小鹿野町
    両神山
    日本
    地方 関東地方
    都道府県 埼玉県
    秩父郡
    団体コード 11365-4
    法人番号 3000020113654
    面積 171.26 km²
    総人口 11,904
    (推計人口、2016年6月1日)
    人口密度 69.5人/km²
    隣接自治体 秩父市
    群馬県:多野郡神流町、上野村
    町の木 モミジ
    町の花 セツブンソウ
    町の鳥 ウグイス
    小鹿野町役場
    所在地 〒368-0192
    埼玉県秩父郡小鹿野町小鹿野89
    北緯36度1分1.6秒東経139度0分30.9秒座標: 北緯36度1分1.6秒 東経139度0分30.9秒
    外部リンク 小鹿野町の公式ページ

    ■ ― 政令指定都市 / ■ ― 市 / ■ ― 町 / ■ ― 村

    地理院地図 Googleマップ Bing GeoHack
    MapFan Mapion Yahoo! NAVITIME ゼンリン

     表示・ノート・編集・履歴 ウィキプロジェクト

    小鹿野町

    地理[編集]

    • 山:二子山、白石山(毘沙門山)、父不見山、明神山、両神山、四阿屋山
    • 河川:赤平川、岩殿沢、尾ノ内沢、薄川、小森川

    歴史[編集]

    • 1869年(明治2年) - 上小鹿野村が小鹿野町と改称される。
    • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い、秩父郡小鹿野町・下小鹿野村・伊豆沢村が合併し、小鹿野町が成立する。
    • 1955年(昭和30年)4月1日 - 小鹿野町・長若村が合併し、新たに小鹿野町となる。
    • 1956年(昭和31年)3月31日 - 小鹿野町・三田川村・倉尾村が合併し、新たに小鹿野町となる。
    • 2005年(平成17年)10月1日 - (旧)小鹿野町・両神村が合併し、新たに小鹿野町となる。

    町域の成立まで[編集]

    明治2年以前 明治2年 明治22年4月1日 昭和30年4月1日 昭和31年3月31日 平成17年10月1日 現在
    上小鹿野村 小鹿野町 小鹿野町 小鹿野町 小鹿野町 小鹿野町 小鹿野町
    下小鹿野村 下小鹿野村
    伊豆沢村 伊豆沢村
    長留村 長留村 長若村
    般若村 般若村
    三山村 三山村 三田川村 三田川村
    飯田村 飯田村
    河原沢村 河原沢村
    藤倉村 藤倉村 倉尾村 倉尾村
    日尾村 日尾村
    薄村 薄村 両神村 両神村 両神村
    小森村 小森村

    人口[編集]

    小鹿野町と全国の年齢別人口分布(2005年) 小鹿野町の年齢・男女別人口分布(2005年)
    ■紫色 ― 小鹿野町
    ■緑色 ― 日本全国
    ■青色 ― 男性
    ■赤色 ― 女性
    小鹿野町(に相当する地域)の人口の推移
    1970年 16,477人
    1975年 16,389人
    1980年 16,190人
    1985年 16,118人
    1990年 15,919人
    1995年 15,628人
    2000年 15,061人
    2005年 14,479人
    2010年 13,432人
    総務省統計局 国勢調査より

    行政[編集]

    • 首長:福島弘文
    • 前首長:関口和夫

    広域行政[編集]

    • 秩父広域市町村圏組合:秩父市、秩父郡横瀬町、皆野町、長瀞町とともに消防・救急(秩父消防本部)、火葬場(秩父斎場)、水道事業等を共同で行っている。

    経済[編集]

    • 主な産業:農業
    • 産業人口(旧・小鹿野町、2000年国勢調査による)
    • 第1次産業 - 388人(6.5%)
    • 第2次産業 - 2,758人(46.3%)
    • 第3次産業 - 2,811人(47.2%)

    地域[編集]

    教育[編集]

    • 埼玉県立小鹿野高等学校
    • 小鹿野町立小鹿野中学校
    • 小鹿野町立小鹿野小学校
    • 小鹿野町立三田川小学校
    • 小鹿野町立長若小学校
    • 小鹿野町立両神小学校
    • 小鹿野町立小鹿野幼稚園

    公共施設[編集]

    • 小鹿野町立図書館(両神ふるさと総合会館2階)
    • 小鹿野文化センター(図書館分室)
    • 小鹿野町役場両神庁舎(両神振興会館)
    • 両神ふるさと総合会館
    • 観光交流館 本陣
    • 地域資源活用センター
    • 小鹿野総合センター
    • 倉尾ふるさと館
    • おがの化石館
    • みどりの村
    • 尾ノ内自然ふれあい館
    • 国民宿舎『両神荘』
    • 柔剣道場
    • 弓道場
    • 町民体育館
    • 日尾体育館
    • 般若の丘・いきいき館
    • 倉尾けんこう館
    • 高齢者福祉センター
    • 養護老人ホーム秩父荘
    • 児童館
    • おがのふれあい作業所
    • 衛生センター(し尿処理施設)
    • 保健福祉センター
    • 埼玉県山西省友好記念館『神怡館』
    • 秩父ミューズパーク(小鹿野町及び秩父市に跨っている)

    医療施設[編集]

    • 国民健康保険町立小鹿野中央病院

    電話番号[編集]

    郵便番号[編集]

    消防[編集]

    • 秩父消防本部(秩父市)
    • 西分署

    警察[編集]

    • 小鹿野警察署(当町及び秩父市のうち旧吉田町の区域を管轄)

    交通[編集]

    鉄道路線[編集]

    バス路線[編集]

    • 西武観光バス
    • 小鹿野・栗尾線 (西武秩父駅 - 秩父駅 - 小鹿野車庫 - 栗尾)
    • 志賀坂線 (小鹿野役場 - 坂本)
    • 倉尾線 (小鹿野役場 - 長沢)
    • 小鹿野町営バス
    • 日向大谷・三峰口線 (日向大谷口 - 三峰口駅)
    • 白井差口線 (白井差 - 両神温泉薬師の湯 - 小鹿野町役場)
    • 西武秩父駅線 (両神温泉薬師の湯 - 小鹿野町役場 - 西武秩父駅)

    小鹿野町営バスは旧両神村との合併を行う際に旧両神村営バスとも合併し、現在は旧両神村営バスの路線も小鹿野町営バスが継承している。

    タクシー[編集]

    秩父交通圏

    道路[編集]

    • 国道299号
    • 埼玉県道37号皆野両神荒川線
    • 埼玉県道43号皆野荒川線
    • 埼玉県道209号小鹿野影森停車場線
    • 埼玉県道279号両神小鹿野線
    • 埼玉県道282号藤倉吉田線
    • 埼玉県道283号下小鹿野吉田線
    • 埼玉県道367号薄小森線

    名所・旧跡・観光・祭事[編集]

    • 秩父三十四箇所
    • 三十一番 鷲窟山観音院
    • 三十二番 般若山法性寺
    • 法養寺 薬師堂 - 日本三体薬師の1つ
    • 両神山:日本百名山
    • 丸神の滝:日本の滝百選
    • 両神国民休養地:森林浴の森百選
    • ようばけ:日本の地質百選(古秩父湾堆積層及び海棲哺乳類化石群)
    • 両神堂上のセツブンソウ自生地:面積日本一
    • 両神薄ダリア園(両神山麓花の郷)
    • おがの化石館
    • 観光交流館「本陣」:宮沢賢治が投宿したことのある旧旅館建物
    • 尾ノ内渓谷(秩父路三大氷柱、尾ノ内の氷柱)
    • 尾ノ内自然ふれあい館
    • 岩殿沢
    • 二子山
    • 地蔵寺(水子観音。盂蘭盆会・花火大会)
    • 小鹿野歌舞伎
    • ジャンボひょうたん
    • 小鹿野囃子
    • 道の駅両神温泉薬師の湯
    • 秩父ミューズパーク
    • 埼玉県山西省友好記念館(神怡舘)
    • 小鹿神社春祭り(4月第3土曜日)
    • 小鹿野夏祭り(7月21・22日)
    • 小鹿野七夕祭り(8月第1土曜日)
    • ふるさとまつり(11月3日)
    • 鉄砲祭り(12月第2日曜日)
    • 福寿草、ニリンソウ、ハナショウブ、ロウバイ、ヤシオツツジセツブンソウ等の花
    • わらじカツ丼(タレかつ丼の一種)

    小鹿野歌舞伎[編集]

    花について[編集]

    小鹿野の花の名所に咲く花は、自生の山野草が多い。

    • 1月上旬 ロウバイ:両神国民休養地
    • 2月中旬〜3月上旬 フクジュソウ:両神国民休養地
    • 3月上旬〜下旬 セツブンソウ:両神小森の堂上節分草自生地(日本一の面積規模)
    • 3月下旬〜4月中旬 カタクリ:馬上地内
    • 4月 ハナモモ:岩殿沢の花桃街道(1kmにわたり数千本の花桃が見られる)
    • 5月 アカヤシオツツジ:両神山
    • 6月上旬 ハナショウブ:両神国民休養地内
    • 8月〜10月 ダリア:両神山麓花の郷
    • 9月上旬 シュウカイドウ:札所31番紫雲山地蔵寺
    • 11月 紅葉:町内全域

    オートバイによるまちおこし事業[編集]

    • 2008年10月11日 - 道の駅両神温泉薬師の湯に二輪車専用駐車場を開設[4]。

    出身有名人[編集]

    • 新井智(元プロ野球選手)
    • 大谷藤子(作家)
    • 剣武輝希(大相撲力士)

    出典[編集]

    関連項目[編集]

    ウィキメディア・コモンズには、小鹿野町に関連するカテゴリがあります。
    • 全国市町村一覧

    外部リンク[編集]

    • ようこそ小鹿野町へ(小鹿野町公式HP)
  • 埼玉県の自治体と行政区
    典拠管理

    Source: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E9%B9%BF%E9%87%8E%E7%94%BA



    動画を見ます ゴミ屋敷 清掃 小鹿野町営バス時刻表

    あなたは、YouTube上で見つけることができますどのような: